My studio 2016

模様替え

_IGP8028修理に出したステージピアノが帰ってきました。
久しぶりのハンマーアクション鍵盤の感触。うんうん。これこれ。

「書斎」の模様替えもひと段落。
今回思い切って、音響機材を大量処分しました。
時代の流れとか、今の活動スタイルに合わなくなってきたんです。

英国製のアナログ卓、各種オーディオI/F、AD/DAコンバーター、アウトボードなどなど、ヤフオクに出し。
空っぽになったラックケースも、近くの楽器屋さんで買い取ってもらい。

音楽仲間たちはそろそろ脂も乗ってコレクション増えてる人も多いし、おれも欲しい楽器いっぱいあるけれど。
指くわえて眺めながらどんどん統廃合して、すっかり身軽になりました。

そこにデジタル卓を導入しました。YAMAHA 01V96i。
手放した全機材の代りを担ってくれる道具。
だから当然、つなぐものがあんまりないわけです(笑)。
汎用タイプの小型とは言え書斎スタジオには過剰なスペック!
舞台音響やレコーディングなど。どんどん外で使っていきたいです。

ピアノも帰ってきたことだし。さて、これから何をしよう。


音づくりを始めて20年。活動の節目に立ってます。
音楽も、音響も、中年リーマンになってなお、のんびり続けてきて。おかげさまで副業と呼べるくらいのこともやらせてもらえています。
その道を専門に本業にした人と比べれば日々重ねた経験からくる技術の差を感じます。きっと本業の方には舐めるなと叱られるか笑われるか、相手にされないでしょうけど、それでも楽しいです。
失敗もして、着いて行けなくて、ごめんなさいやありがとうも言いそびれてきました。なかなかゆっくり音に浸る時間もありません。
でもやっぱ、とにかく音に触れるのが好きなんです。だからまだ続けます。
ごめんなさいやありがとうは、音に込めます。

「あれもこれもは中途半端」とわかっていたけれど結局そうなってしまったからには、その中途半端な異形の様をそのまま伸ばして個性にしよう。

今年は自分の音をつくります。

「模様替え」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です